スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬寺のウエサク祭

明日は5月の満月の日。

今夜から鞍馬寺で
ウエサク祭が執り行われます。



tomoshibi.jpg

以下は資料を参照しています。



【五月の満月には天界と地上の間に通路が開け
ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるという。
この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ
ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて
自分とすべてのものの「めざめ」のための熱い祈りを捧げるのが
光と水と聖音の祭典「五月満月祭(ウエサクさい)」である。

祭典は三部に分かれ、第一部は「きよめ」の祈りで、祭典に集う人々は
まず自己と場の浄化のために魔王尊を讃仰(さんごう)する。
月が天頂に近づくころ、ひとりひとりが持つ純粋無垢な心の象徴の
「心のともし灯(び)」に灯が点(とも)される
祭場がともし灯に埋まると、銀碗に清水を満たし月に祈りを捧げる。


次にともし灯を高く掲げて、真実に生きぬくための強い力を与え給えと
「お力の宝棒」の加持(かじ)を受け、月光のふりそそがれた明水をわかち頂き
慈愛のみ恵みを心に満たす。
そして第二部では、月光を受けながら大地に腰をおろし
静かに「はげみ」の瞑想を行い、夜明けの近い第三部には
智慧(ちえ)の光を輝かせ真実に生きることへの「めざめ」を象徴する聖火が天を衝(つ)いて上がる。




五月満月の夜の祈り、祭儀においては

地上の全てを清め給え、人々を真智の光に導き給え

深き慈愛のみ心をもてすべてを護り給え、とあつき祈りを捧げる。


地上の清めと共に、人間の心の奥に隠れている汚れを清める「護法魔王尊」。

 その指名をおび使者として働く「天狗さん」

混沌とした世相の今こそ、秘めたる御力を顕し

ご活躍くださることを切に希い、こころから祈っている。



神秘的な一夜を楽しみましょう???


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。